感染防止対策に関する取り組み

医療安全に関する基本的な考え方

私たちは、共済会櫻井病院を利用する全ての人に対して、感染防止対策を行うために組織として取り組みます。

院内における感染防止対策のための組織

医療安全に関する意思決定機関である医療安全推進委員会を設置し、下部組織として感染対策委員会を設置し、感染防止対策に関する事項を審議しています。

医療安全対策室内において、感染制御チーム(ICT)を設置し、感染防止対策を講じます。

感染制御チーム(ICT)は以下のメンバーを配置することとする。

  • 専任の院内感染管理者
  • 感染症対策に関する十分な経験を有する医師
  • 感染症管理に関する十分な経験を有する看護師
  • 十分な経験を有する薬剤師
  • 十分な経験を有する臨床検査技師

感染制御チーム(ICT)の業務について

1週間に1回、院内を巡回し、院内感染事例の把握を行うともに、院内感染防止対策の実施状況の把握・指導を行います。

院内感染の増加が確認された場合、病棟ラウンドの所見及びサーベイランスデータ等を基に改善策を講じます。

微生物学的検査を適宜利用し、抗菌薬の適正使用を推進いたします。

他医療機関と連携し、高いに感染防止対策に関する評価を行います。

感染予防対策に関する情報の集約・分析について

医療安全管理者は、感染防止対策を講じるために院内で発生した感染症の状況について感染制御チームと共同し、情報を収集・分析し、対策を実践します。

さらに、毎月、医師・看護師・薬剤師・コメディカル等の職員を招集し、感染防止対策を感染対策委員会において詳しい分析及び検討を行います。

感染防止対策に関する職員研修

感染防止対策に関する教育や啓発に努めるため、研修会の参加を義務付けております。

感染防止対策における感染症発生時における対応に関する基本方針

共済会櫻井病院の感染対策マニュアルに基づき、感染症発生時及び予防対策として感染対策マニュアルにしたがって行動します。

感染防止対策のために必要なその他の基本方針

感染対策マニュアルを作成し、定期的な見直しを行っていきます。

私たちは、感染防止に向け、感染対策マニュアルを遵守いたします。

医療安全管理室